smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

梅ともつ

起きたら10時くらい。風邪はそんなにひどくなってない気がする。ずっと台風のニュースばかり見て、前に糸始末の前で放置していたニットコートの仕上げをしていた。

昼は梅としそのパスタを作ってくれたのを食べた。おいしいなあ。夜はもつ鍋を初めて食べた。これまたおいしかった。またおなかを壊した。最近ずっと下し続けている気がするなあ。カルピスの飲み過ぎか。やたらとはまってるんだよなあ。

うどん

起きたら風邪。ああこれは風邪。風邪薬を飲んでうがいをしてトローチをなめ、前の風邪の時にもらったせきどめを飲む。神経痛の薬も飲むとなると薬漬け具合がはんぱない。

またレンタカーを借りた。10月からの値上げで長時間になったらカーシェアはレンタカーに太刀打ちできる余地がないほど高い。そしていらないのに多く配備されてるフィールダーが中型料金になって、それしか空いてない。すっかり使いにくくなったなあ。最近カーシェアもごみが残ってたり汚かったりってことが多かったから、安くないなら使う理由があんまりないなあ。

そして今回もまた新車。やっぱりニッポンレンタカーは最の高です。一生ついて行きます。ひさびさに行きたかった塩屋に行けた。開店10分前でもう10人近く並んでいた。

f:id:smilemiles:20191013232004j:plain

おいしかった。同居人もおいしいと言ってくれてよかった。一緒になんとかしめじの天ぷらも頼んだ。歯ごたえが楽しくておいしかった。

店を出てまたなぜか三井に行って、相手が先週より安くなった靴を買うのを見ていた。そしてなぜかストウブを買っていた。アメリカンチェリーみたいな色のやつ。そのあとニトリに行ってまたしてももちもちクッションを買ってしまった。もちもちは正義。

そのあとのスーパーでの買い物のどこかでガラスのペンダントのひもが切れてしまったらしく、気づいたら首からひもだけぶら下げていた。ちょっとびっくりしたけど、よくよく考えたら前の相手と一緒に行った店だったしまた一つ悪縁が絶てたってことでいいかと思う。

車を返して家に戻ったら車の鍵を返し忘れていた衝撃。また店に戻った。おそろしいことがあるもんだ。

おわる

やっと金曜日。なんとなく風邪になりそうでならなさそうでな感じの体調。この間買った水色のカーディガンがかわいくて着ていこうとしたものの暑くて、中をなるべく薄着にして行ったのに会社はやっぱり激暑で着ていられず、終始薄着で過ごすはめになった。

仕事は先週から悩んでいた件がどうにもならなくなって方々に騒いだら、神の手を持つ人がやっと重い腰を上げてくれてすんなり終わった。最初からこうしてくれてたらこんなに悩んでないのになあ。そんな簡単にやってやるものかみたいなのがあるんだろうな。

遅番だったけど平和だった。具合が悪くなるとすぐ帰るんだと騒ぐ人をどれくらいまで留めておくべきなのかのラインがわからない。子供の時に学校を休むとか早退とかほぼしてないので、小さい頃から何かあるとすぐ休む人の感覚とはかなりの乖離があると思う。実際に自分の休まない率は会社でも上位に入ってるから、異常なほどに休まないほうなんだろう。だからってそうやすやすとどうぞお帰りくださいって言ったら言ったで今度は上から怒られるし。

なやましき

けっこうな腹痛でなかなか眠れずな夜だった。トイレに行ったって何も出ないでただ痛いだけの時間が何時間も続くのは毎度のことだけど苦しい。出るけど痛いのとどっちがいいのか、どっちもどっちだな。シチューの牛乳がまずいのかなあ。シチューって毎回ひどくおなかを壊すからなあ、牛乳とルーの織りなす絶妙な何かがだめなのかな。

遅番の日で、朝いつもと同じ時間に起きたけど眠くてまた寝た。起きてからはいつも通りどたばた。寒いのかと思って暖かめな格好をして行ったら暑かった。仕事はなんかめちゃくちゃなことになっていたので、みんなの定時までは果てしなく忙しかった。記憶がない。夜は早く終われたからよかった。

りにゅう

昨夜は腕の調子が悪くてちょっとマッサージしてもらった。おかげでだいぶ軽くて調子がいい。腕はいいけど体はだるくて眠くてなかなか起きられなくて、明け方は足がつったりした。

無駄に明るい気分の日だったので、周りは不気味だったろうと思う。こんなふうに毎日働いている時期があったようななかったような。昼は会社の子と一緒になったので、行ってみたかったホテルのランチに誘った。ホテルのランチと言っても田舎のビジネスホテルという感じで、まあ田舎者の自分にはちょうどいいなという感じ。今度一人で来れるかと聞かれると、ちょっとちゅうちょするなあ。

やたら暇な日で、仕事を探してやるような感じだった。時間がたつのが遅い。ちょっとの残業だけで帰ってきた。先日買ったスマホのケースが届いていてとてもいい感じ。みんなこういうの買ってるんだもんなあ。今までのもののごつさやだささが身にしみる。

繰り返す

すっかり寒いので安定のタイツ出社。

会社に行くとやはりメンタルは落ち気味で調子悪いことこの上ない。自分への悪意に敏感になり、石ころぼうしをかぶっているかのように孤立しているよな感覚におそわれる。どう考えても自分の卑屈さとか無駄に高すぎるプライドとかもろもろが原因。これをどうやって切り崩していったらいいのか。

家に帰ってから去年の今頃の日記を読み返して、毎年この時期になると同じようなことを言ってるなあとちょっとほっとする。自分を信じられなきゃどうしようもないよな。

ばたばたばた

現在気温10℃に驚く朝。一昨日買ったパジャマがさっそく活躍。売れ残りの薄手の長袖なんだけど、ちょうどいい。朝方は仕事の夢をずっと見ていた。久しぶりだなこの感じ。

薄手のセーターを引っ張り出して、朝の数分でスチームをかけてから着た。しわがあるから着ていけないという悲しみから解放してくれるスチームアイロン、かなり重宝している。綿より毛糸とか化学繊維に対してかなりの威力。

仕事は朝どったばただったけど昼過ぎから落ち着いた。週末ずっと気に病んでいた仕事は拍子抜けする勢いで終わった。まだ終わってないけどとりあえず。けっこう平和だったので一時間くらいの残業で帰れた。シチューが食べたくなったのでかなり小さなスーパーに行ったら軒並み肉が売り切れで困った。肉くらいは大きめのを定期的に買って冷凍しておいたほうがいいなあ。

シチューを作って風呂に入って髪が完全に乾いて日記を書き終えたのにまだ9時って、すごいなあ。社畜にいいことないな。