smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

静まる

イライラしていたのは収まった代わりに結構心が沈んでいる。金曜日は遅番の日ということでぼーっとして洗濯して食事をして、とあれこれやっているとまた遅刻ギリギリになった。家の中がやたらと暑いので薄着で外に出たら、風が強くて小雨も降っているしでとても寒かった。

心が沈んでいるおかげでいろんなところに目が届いて、大きなトラブルやミスもなく一日が過ぎた。一日中腹痛まみれで、帰り際にも危うい感じだった。途中で水を飲もうとしたらむせて、死ぬかと思った。疲れているとすぐむせる。見せられないレベルのむせ方をするので、周りに人がいなくてよかった。

一緒に暮らしている人はまた飲みに行った。最近いないときはパソコンの電源を入れてみることにしていて、マウスを使うとてきめんに肘が痛くなるのでキーボードだけでほとんどの操作ができないかと試行錯誤している。パソコンで音楽をかけるということが久しぶりで、結婚する直前に住んでいたアパートの窓から見える眺めを思い出す。

あの頃それなりに楽しく暮らしていたはずだったのに、なんで結婚なんてしようと思ったんだっけ。貧乏だったからか。孤独でもあったんだろう。ろくでもない相手と4年くらいだらだら付き合って、別れた直後だった。私の20代って本当にもったいなかった。結婚を続けないと、無駄だったと確定してしまうと思っていた。自分にはもはや結婚年数の長さくらいか、誇れるものがなかった。失敗を認めることができなかった年数でもある。

逃げ腰

暑くなってきて着るものに悩む。外は暑いし中は寒いし、と思って厚着で行くと中も暑いことがあるし、薄着で行くとめちゃくちゃ寒くて膀胱炎の危険を感じたりするし。半袖がもうちょっとあるといいのに。引っ越しで捨てた服にも半袖自体が全然なかった。多分半袖を買うのが苦手だ。またユニクロのお世話になるだろう。

今日はイライラのピークという感じで、話しかけられるたびにそれを抑えるのに必死だった。仕事の量が多すぎて、夜やってもいいけど残業したくないから昼間のうちにやっておきたいことが山積みで、それを片付けたくても話しかけられまくるから何もはかどらずの延々ループ。

同じ役職の人全員で片付けなきゃならない仕事だから、一切やらないで帰る人をついに憎らしく感じるようになってしまった。前はそれが先輩だったから後輩の自分がと思っていたけど、相手の方が後なんだよなあ。そしておそらく、上の人にキャラ的に好まれてあれこれ別なことをしているっぽいから、次に出世するのはあの人なんだろうなあと思う。社会ってこんなもんだよな。

家に帰った後もクッションとかに当たり散らしていたら、すぐにイライラしているのがばれた。他人がイライラしていることを他人の問題だと切り分けて、今日はイライラしているねとさらっと聞けるのってすごいなと思う。

結婚していた頃は相手がイライラしていたり何かがあったんだなと思ったら、すぐに部屋に逃げ帰って被害が及ばないように息をひそめて時が過ぎるのを待っていた。相手の問題を相手のみの問題だと切り離そうとすれば怒られた気がする。結婚年数がたつごとに、相手の弱さが自分の心を闇の底に沈めるような感覚がひどくて、関わりたくなくて仕方なかった。相手の苦しみが自分の苦しみの上にまるごと被さってくるようで。共依存ってやつだったのかな。きっとそうだろうな。

ぎくしゃく

朝からめちゃくちゃ暑くてどうにもイライラする日。先週末から少し不正出血が続いていて、まるで生理前みたいな感じ。ろくな日にならなさそうだなと思いながら会社に行く。ひどいときは道中もイライラするんだけど、外はかなり暑かったのにそうならなかったのが救い。

仕事に行ったらやっぱり忙しくて、何をしていたんだかわからないまま日が暮れる。人の出入りが多い会社だから去年の今とは全然働いている人や偉い人の顔ぶれが違って、前に目立っていた人が辞めてしばらくたったなと思ったらやっぱり別な誰かが目立ってくるんだなと思う。私はめっきりミスが目立つが。自分でもいやになる。

今日もぼーっとしていてありえないミスをした。ミスを全然していなかったときにやっていなかった何かを今しているから、こんなにミスを繰り返すんだろうな。前と比べて変わったことというと関わらなければならない仕事の種類で、結果的にそれぞれの質が落ちた。キャパを超えてるってだけの話か。何かを集中してやりたくても話しかけられて散漫というのもあるし、自分があれやこれや中途半端に仕事を片付けようとするからどれも適当な確認で終わっているのもある。

相手が会社の人と飲みに行くというので一人で過ごしている夜。仕事のミスがなければ開放的な気分で遊んでいたかもしれないけど、どんよりした気分で帰ってきてまた孤独感にさいなまれる。この感覚ってこれからもずっと消えないのかなあ。他人に依存しないと消えない孤独感とか最低だなと思う。自分の心次第で消えるものではないのかな。

不幸は楽なんです

気温が高い朝。今年は冷夏だとか米や野菜が不作かもとかニュースでやっていて不安。夏のとうもろこしを楽天で予約しているのももしかしたら微妙かもなあ。個人的には涼しいほうが過ごしやすい。相変わらず脱水症状になりがちなので常にまぶたが重い。

仕事はテンションが低めなまま始まって、そんなに落ち込むことやトラブルなく経過した。今一緒に暮らしている相手は自分と仕事のベクトルが合致していて、憤りを感じる部分とか改善したい方向が合っていて、かつそれを変えたり意見できる権限を持っているからとてもやりやすい。それによって感覚が麻痺していた部分があったけど、会社の若い人たちとはあんまりベクトルが合ってないってことを忘れないで働かないとだめだなと思う。知らないうちに彼らを否定してないか。それから仕事のミスも多いので、ぼーっと漫然と慣れで片づけてしまわないように、初心を忘れずに働かないとと思う。

離婚して一年だからなのか何なのか、一年前の今日が離婚後になっていることでなぜか心がざわつく。罪悪感がまとわりつく。離婚した相手が頻繁に口にしたずるいという言葉だけじゃなく、過去のあらゆる人から向けられた悪意に対して、自分が存在していることへの罪悪感がからみついてくる。楽しく生きたらだめなのか、幸せになろうとしたらだめなのか。どう生きるかは私が決めたらいいことなのに、不幸でいたほうが楽かもと思うのは、勇気がないからなんだろう。私は罪深いので不幸でいるべきなのです、と開き直って生きることのいかに簡単なことか。どう生きるかの選択肢の中で、もっとも安直で容易だ。

休みが終わる

寂しい連休最終日。8時半くらいに一度目覚めたけど寝足りないなあと思って寝て起きたらもう12時だった。こんだけ寝れるの若いなあ。中年の暮らし方としては最低だと思う。

昼はまたパスタを作ってくれた。うまいなあ。こんだけおいしいものばかり食べてたら太るよな。毎日体重計に載ってなんとか増え続けるのを食い止めようとがんばっている。夜は冷しゃぶ。コープのしゃぶしゃぶ用の豚バラが自分的に一番おいしい。

録画してあった君の名はを見た。震災を彷彿とさせるシーンがあって苦しくなった以外は楽しめた。そういうのなくても描けたんじゃないのかなあ。それがあるからよかったのかな。

たらこがうまい

三連休だからまだ余裕をもって休みを満喫すればいいのに、なんだかもやもやする朝。先週の三連休で、来週も三連休だからとかいう余裕をもってしまったからだろう。この三連休が開けたら何を希望に生きていけばいいのかみたいな。休みだと希望があって仕事があるとそれがないっていうのもおかしな話だ。まあ仕事の日には疲れるし残業で何にもできないし心はやられるし、希望を見いだすにはパワーがいる。

昨日道の駅で買ったベーグルを食べた。おいしい。そのあと昨日買ったたらこでパスタを作ってくれた。店のたらこパスタってほとんど食べたことがないと思うけど、そんじょそこらのパスタよりはるかにおいしい。麺をこんなふうにぷりぷりに茹でられるのが不思議だ。なぜ私の作るパスタはあんなにおいしくないのか。

午後からはあちこち掃除した。ちょっとやそっとじゃ部屋中はきれいにならないけど、やらないとどこもかしこも汚い。一年前の今日は離婚前に住んでいた部屋の引き渡しだったことを思い出していて、離婚してから一番大変だったのは車のない暮らしを選んだことだったなあと思う。前の大殺界に結婚したときも車を勢いで処分したけど、なんで私は大殺界のたびに車を捨てるんだろう。それが自分にとってどれだけ重要なものか、理解していないのかな。次の大殺界には車を持っているんだろうか。だとしたら捨てないでください、生きてるのか知らんけど。

なんだか気分がやさぐれていてよくない。いつまでこんなのが続くんだろう。夜は余り物で野菜炒めを作ってくれた。どんなものでもおいしく作れるのってすごい。食べた後に話を聞いたら、下味の付け方とか調味料とかのやり方が丁寧すぎて、そりゃあおいしくなるよなあと思う。だけど本題はそこではなく、同じやり方をしても私が作るとそうはならないというところ。火加減とか火を入れる時間とか炒め方とか、そのへんのセンスなんだよなあ。

白老ふたたび

去年二人で初めて出かけたときに行った白老へ再び。雨だ。レンタカーを借りに行ったらまさかの16年落ちで面食らった。大手なのに、特段格安でもないのにこんなの当たるのか。楽天経由だからなのかなあ。謎。

三井に行く渋滞に巻き込まれて遅くなり、ウトナイ湖の道の駅へ。誘惑が多すぎて、豚まんを食べた。ほかにも食べたいものがたくさんあったので帰りにも寄ることにした。

白老のカウベル一年ぶり二回目。白老牛がお安くおいしくよい雰囲気で楽しめるすてきなお店。何より席がゆったりしてて、客同士の距離が遠いのがすばらしい。f:id:smilemiles:20190713132616j:plain

f:id:smilemiles:20190713133604j:plain

この写真に載ってるだけで6800円です。ヒャッハー。

f:id:smilemiles:20190713133818j:plain

脂が甘くて溶ける。うますぎる。札幌の店と違ってドヤァって感じで出してこないのがまたよい。

そのあと虎杖浜に行ってたらこを買った。蒲原水産がお気に入り。200円で売ってるほたての耳のおつまみがおいしいので、帰りにいつも買って運転中にかじる。

またウトナイ湖の道の駅に行って、押し寿司の詰め合わせと北寄玉というたこ焼きのホッキ版を買った。相手が古い車のせいか疲れて体調がよくないというのと、返却まで時間がなさげだったので帰りは高速に乗った。ニトリに寄ってスプーンとか買う。

車を返しに行ったときにどんな車に当たるかはランダムなのかと聞いたら、そうだとポカーンとした顔で言われた。店舗によるともいうけど車両自体は別店舗所有という記載が車検証にあったので、どこの店舗でもこの古い車に当たる可能性はあるんだろう。こんな古い燃費の悪い疲れる車が新しい車と同じ値段だというなら、2000円台をうたってる格安レンタカーのほうがよっぽどましだよなあと思う。こうして借りたくないレンタカー会社がひとつずつ増えていくのか。なんだかなあ。

夜は脱水症状でぐったり。OS-1がなければ今頃生きていたのだろうか、というくらい助けられてる。