smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

「人に薦めたい映画」

姉さんが書いてるの見たら書きたくなったので。

キリコの風景 [VHS]

キリコの風景 [VHS]

書影?が出ないんだけど杉本哲太小林聡美主演で函館を舞台に撮影された変な映画です。公開されたのは私が函館を出た頃で、某ビデオ屋でバイトするフリーターで、働いている店のビデオを借り放題して、地元に新しく出来たばかりの小さな映画館に足繁く通って、人生最初で最後かもしれない映画見まくりの数ヶ月を過ごしている最中の作品だったのでとてもとても強烈に覚えています。
ストーリー的には哲太が逃げた妻聡美を探しに函館に降り立つところから。俺には超能力があるんだぜと言って函館の住人をころっと言いくるめて男どもをお供に引き連れ聡美の元へ行くんだけど、あんたバッカじゃないのって言われるっていうそういうお話しです。
木根尚登担当のでゅわ〜んっていう奇妙な音楽と共にめくるめく函館、上磯から元町、高砂通りまで縦横無尽にくまなく常に美しく風景が流れていくのが本当によい。個人的にはいろいろ人が出てきて何かやってるけど、私が10代後半最後を過ごしたあの函館をこうやってリアルに映像で留めてくれているということだけでもう本当にありがたくたまらない。私の青春の風景。でもテーマは冷え切った夫婦っていう。ねえ。
同じく函館を舞台にしたキッチンと比べてしまうんだけど、キッチンは架空の街としていろんなおいしい風景を切り貼りして使っているのに対して、キリコはとにかく正直。ここを真っ直ぐ走ったらあそこに着きます。ここからこのバスに乗ったらあの道を走ります。それをよくもまあこんな風に組み立てたもんだと思う。それが心地よい。
でゅわ〜ん。多分DVDとかないと思うので観るの難しいかもしれないけど、機会があったら是非、とさんざん書いておいて、人に勧める理由が一つもない紹介だった。ちなみに私が無理矢理見せた人は全員寝た。