smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

さんくす

昼に電話で起きた。一昨日の面接の採用連絡だった。今年何回採用って言われたっけ。3回目だ。提案された新しい店に決まった。来月頭から別な近くの店で半月くらい研修して、それから移るらしい。
電話口で事細かにあれこれと説明してくれた。パートなのに賞与があるらしい。もうお金のことを考えるの面倒だから期待しない。がっつくのも嫌だ。暮らしていけるだけもらえたら十分だ。昇給もあるって言ってたけどどうせないだろう。時給の仕事っていつぶりだろう。13年ぶりかな。あの時はすっごいイライラして働いてたなあ。データ入力って募集だったのに、実際は立ち仕事で。
そして保証人は配偶者以外と言われて固まる。ああ困ったね誰に頼もう。自分の血縁に頼む前に夫側に頼むのも筋違いだよなあと夫に一応LINEで聞いて、まあ普通なら親が働いてないならきょうだいだよねってことになった。夏に会ったときのことを反すうして、特別今後一切の接触を拒否するだとか侮辱だとかその系の発言をしたかどうか考えて、多分してないはず、と着信を入れた。出ない。
帰宅した夫と食事をしてからハロワ。すごく混んでて今までで一番待たされた。こんなに遅い時間に行ったのが初めてだからというのもあるか。前回行ったときに2日で辞めた会社が給与を払わないだろう件でもめたんだけど、今回もそこに突っ込まれた。請求したらもらえますよと言われたけどさすがにそんなにツラ厚くない。普通で行ったら今日から3日前くらいまでの分が支給されて240日分終了だったんだけど、てっきり延長給付が今月末までもらえるもんだと思ったら、仕事が決まったなら延長はありませーん終了、だった。ヒーまじか。そんな甘くないか。今日仕事決まったって言わなかったら延長になってたんじゃないの、ってちょっと思っちゃったけど、会社に書いてもらう書類でばれるだろうな。残念。
帰宅したら1回目の採用のところから郵送で源泉が届いていた。律儀だなあ。何千人も雇っているからこんなの当たり前なのか。耳を破って開いたら中身は源泉ってすごいなあ、こんなのでもいいんだな。数千円なのに乙欄だから所得税が引かれてる。そういえば新しいところの給与がもらえるのは来年だから、年末調整がないのか。
少し眠ろうとしたらきょうだいから電話があって、昼間の着信=緊急事態と思われたらしい。ああそうか、そういう概念がある職業の方々がいるんだったと思い出した。要件を話したらすんなりOKされてほっとした。日々の暮らしを心配され、困ったことがあれば言うんだぞと言われ、昔なら何を今さらとか思ったんだろうけど素直にありがたいと思えた。昔よりずっとずっとただ生きるということのハードルを高く感じていて、誰であろうと自分の周囲に人がいてくれることがひたすら頼もしく感じる。
その後友人と長電話をして、また別な友人とは会う約束が出来た。孤独はひどい毒だなと思う。人々と触れあうことであっという間に解毒される。ありがたい日だった。