smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

ひかる

今日フレッツからソフバンに切り替わる日のはずだったんだけど、起きたら普通にスマホWi-Fiが生きてる。調べたら元のプロバイダで動いてることになってる。とりあえず届いた怪しいモデムをつなごうと思ったら、今までのNTTの終端装置は生かしたままそこからLANケーブルでつなぐらしい。なんか一気にうそくさい。だけど書いてある通りにつないだらちゃんとヤフーのプロバイダに切り替わった。NEC無線LANをそっちに差し替えたら全部のWi-Fiがそのまま普通に使えた。拍子抜けしたけど簡単だった。
だけどひかり電話はどうなってるのかさっぱりわからない。NTTに電話して解約したいんだけどと言ったら、今切替手続中ってことになってるから様子見てっていう返事だった。元プロバイダを解約しなきゃならんことも説明がなくて後で知って、今日その旨連絡した。解約が終わったら元の終端装置につなぎ直しても使えるのかな。ひかり電話ソフバンのを経由しないとだめかなあ。
こんなことになるならスマホの手続きのときに移行するなんて言わなきゃよかったわ。ナンバーディスプレイにしておきたくて月額1500円くらい払ってきたけど夫はそんなの外してしまえと言うし、そうなると月額500円になるのはいいんだけど、非通知からしかかかってこない固定電話なんて気持ち悪くて置いておきたくない。ただ唯一の気がかりはかっこいいからと選んだ電話機が使えなくなることだけだ。

これの白。10年前のモデルだけど今でも十分通用するデザインだと思う。
夫の年末調整分がさすがにけっこう戻ってきてほんの少しだけ潤った。自分の今年度最後の住民税を払ったらちょうどなくなった。去年の国保や住民税の支払いは本当に背筋が寒くなるような気になったし、色んな場面で目の前が真っ暗になるような瞬間があったけど、結局全部何とかなった。振り返ってみればさほどの出来事でもない。夫が仕事を辞めるという話になった一昨年が一番つらかったから、そのショックと比べると全部が些細すぎる。清水の舞台から飛び降りなきゃいけないと知ったときはショックだろうけど、飛び降りちゃったらまあそりゃ飛び降りたんだからこんなもんだろうねみたいな。
今になると一昨年の時点で然るべき人にきちんと相談しておくべきだったとは思う。そうしておけば今もうちょっとましな感じだったんじゃないかな。結果論だけど、一年も無職でいるなら学校にだって通えたのにね。お金を払えば取れる資格だって余裕で取れただろう。長い長い時間だらだらと伏せって何もしないで、その間を生きるためのお金がただ無駄に消えていっただけだ。だけどそういうことが最初からきっちり出来る人間だったら若いうちからもっとまともな人生を歩んでいるだろうし、まあ身分相応の生き方とも言えるわ。