smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

あるじゃん

昨夜じめじめして日記を書いた後、何かやりたいことないのかよ人生の中でよう、と録画したためしてガッテンを暗闇の中で見ながらぼけーっと探していたら、やっぱり糸紡ぎしたいなあと思った。紡ぎ車を買えないからと去年気持ちにふたをしたけど、スピンドルでもいいからやろうと起き上がった。
今日になってもずっと紡いでいた。そんなに上手に出来ないから時間がかかる。夫の前でやるのは初めてではなかったような気がするけど、すごく興味津々なようだった。スピンドルの原始的な仕組みに対して、もっとちゃんとしたもので紡げば速くきれいに出来るのではないかというコメントが出たのが意外だった。欲しいのは7万するから買えないんだよねと、遠回しにいつか買います宣言をしておいた。母親がかせくり器と玉巻き器でなにやらしていたのを、小さい頃ぼくもやりたいとそばで喜んで見ていたそうで、編み物が好きな人に何の抵抗もないらしい。
この1年ずっと縁ということを考えていた。縁があるものとないものって露骨に差が出るもんだなあって。働くこととか求職とかまるで何の縁も運もなくて笑っちゃうけど、編み物とか、マリのこととか、何の障害もなく太く強い縁で結ばれていて、迷うことなく歩んでいけることが自分にはすごくあるんだよなあって思う。「階段を上っている」という気持ちになれることを、ちゃんと持っているじゃないかって。凹ばっかりじゃないじゃん。