smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

あうあう

間にはさまれた微妙な金曜日。昨日の一日で頭がリセットされてしまったようで、仕事に身が入らない。ああ働きたくない、お盆じゃないのか、バスの中はガラガラにもほどがあった。こういう日に何のためらいもなく働ける人もいるけど自分はそうじゃない。それは社会人失格なんだろうけど、インフルで学級閉鎖寸前の教室で真面目に授業を受けろ、いや無理です今日は一切の学びを放棄しますっていうのと変わらない感覚。
午後からはかなりイレギュラーな研修があって、それを事前に聞かされていたのも午前中働きたくなくて仕方なかった理由。弁論大会みたいな感じのイベント。とりあえずうまくはいったけどすごく疲れた。こういうときに本気を出しちゃう自分がすごく嫌いだ。だけど何も準備して挑まないで見事に何にも出来なくてものすごく恥をかいた記憶もあって、中途半端なことは出来ないなと思う。
昔結婚式を人前式でやったときの誓いの言葉を自分で考えて夫婦で読んだ後、英語を直訳したみたいだった、と言われたんだけど、今回も同じことを言われた。それはすごく自覚があって、こうして日記を書いていても、日本語はどれだけの主語を省略しても通じるのかがいまいちわかっていない。その点英語は絶対に略さないから悩まなくて楽だなと思う。発達障害の人が日本語で文章を書いたらわけがわからないけど、英語になった途端に理路整然としたものが書けるという話を聞いたことがあって、それもものすごく納得。
そうだ、日本の小説がまるで頭に入ってこないのも似たような理由だと思う。ほとんどの人が書いたものは本当に何が何だかわからない。誰のことを指しているのかとか、何について説明しているのかとか。ビジネス本とかハウツー本ならそういうことがないから読めるけど。こうやって日本語に文句を言っても、別に英語が読めるわけでもない。言葉が不自由。