smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

まえむけ

月曜日。けっこうメンタル的にはいい感じだったので、朝の声を張らなければならないイベントもがんばれた。右腕のしびれがほとんど取れて痛みもかなり和らいで、湿布を貼らなくてもマウスのクリックができる状態。右腕の湿布を貼り続けたところがすっかりかぶれてしまったのでちょうどよかった。

午前中から午後にかけてもいい調子で働いていたのに、15時頃に以前一緒に仕事をしていて異動した人と話したら、あなたが新人を見るのは最後通告なんだからがんばれよみたいなことを言ってきてかなりテンションが落ちた。前職で社長のビジョンとかあれこれ聞かされていた事務員の自分と全く同じようなポジションにその人はなっていて、会社を回している人から役職を超えた話をかなり聞かされてそういう気分になっているようだ。

最後通告なのをしかるべき役職の人から言われたらショックでもまだ受け入れられたけど、なんであなたに言われないとならないの、という意味でへこんだ。しかもそこにかぶせてきて、私はあなたを全力で応援するつもりでいる、がんばってほしい、みたいな話をされて余計にしんどかった。ものすごいマウンティング的なものを感じた。その人は偉い人に気に入られて安泰だから、どんなことでも言えるんだろうなあ。

そのあと同じ役職の人に、あの人にこんなこと言われたと愚痴ったら、俺なんてどうすんの今までどれだけ言われたと思ってんの、っていうかあの人の待遇こそおかしいだろ、へこみすぎじゃない? と言われてかなり救われた。

理由をつけて件の人に会いたくなって、平日なのに押しかけて話を聞いてもらった。嫌なことを言ってきた人が取り入られている偉い人よりも役職は下だけど、ずっと強いストレスを浴びる場所で働いてきているから厳しい言葉もあって、励ましもあった。昼間の人の浴びせてくる言葉は激励なんだと前置きしておいて殴る蹴るしてくるような感じだけど、こちらはよっぽど人間味のある話で、あんたと同じ気持ちで働いているやつはいるよ、と言ってもらえたような気がした。