smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

こんもり

風が強くて寒い日。毎週恒例の遅番だからのんびり行く。
気が滅入ってしょうがないので、車を降りる前に鏡の前でポジティブワードをひたすら声に出した。「みんなを信じる」という言葉に一番抵抗感があった。わかりやすいな。周りの誰かがやってくれるというのが信じられなくて、自分で全部やろうとして抱え込んで処理しきれなくて焦ってばかり。
しかし今日はポジティブワード作戦むなしく、みんなが自分の仕事で精一杯で、空いてる誰かがやる公共的な仕事が次々と積み重なり追いつかず、そして花金で飲み会祭りってことで定時にみんな消えた。笑える。
そして定時を済んだら、自分が困っていることを時間を気にせず相談してくる人祭りで何もはかどらない。軽やかに悩みを解決に導きすっきり帰ってほしいと思うが、ほとんどの人はループで同じことを繰り返し言ってくるので、納得できないのか悩みが積もり積もってるのか、私のスキルが低いんだろうなあ。
そしてみんながいなくなってからやっと積もった仕事の片づけ。やったことがある仕事はまあいいとして、そうでないものもちらほら残っていてわけがわからず困った。まあ間違っても、違うよって言われるだけで終わるからいいんだけど。これはこれで楽しいのか、楽しくないのか、暇で居場所が感じられないよりましかなあ。ワーカホリック感あるよなあ。