smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

散財の日

特に理由もなく4連休にしたいだけで有給をとった。休みに入る前に4連休ですよね、と何人にも言われた。みんな人のシフト見てるんだなあ。遅番とか早番とかは全然見てくれてないのにな。

向こうのマンションを朝出て自分のマンションに戻る間、すごく寒くて吹雪いていてかなりつらかった。コートを薄手のものにしていたのが失敗だった。朝から美容室に行く予定だったんだけど、電車の時間が微妙で降りてから店まで走らないと間に合わない気がしていたので、こんな寒いのに歩くの無理ーということで降りてからタクシーに乗った。車を借りるよりはるかに安いからいいか。

終わった後は友人と待ち合わせ。牛かつが有名な店に行った。

f:id:smilemiles:20190322122527j:plain

なのにメンチカツを頼む。かなり大きくて肉感がすごかった。分けてもらったカツがうまかった。そのあとまた例のごとくパフェが食べたい食べたいと騒ぎ、わざわざ地下鉄に乗ってパフェを食べに行った。

f:id:smilemiles:20190322135749j:plain

パフェの世界は宇宙より広いなあ。ガラスの中に広がる夢。

友人がデパ地下であれこれ買うのに付き合ってお別れ。そのあと家に戻って、湯船に久々に浸かってぼーっとして、洗濯して、家の中の片づけ。古いCDとかDVDとかの整理。やっぱり音楽のCDって捨てられないなあ。本ならいくらでも買い直せばいいと思えるのに、CDは付随した思い出がやけに貴重に感じる。デジタルだからなのかなあ。MacOS9用のCDが大量にあったけど、どう考えても使う日は来ないのでごっそり捨てた。

写真のアルバムもざっと見返して全3冊を捨てた。生まれてから3歳くらいまでの無邪気に笑ってる時代はよかったように思えるな。今の私より数歳若い母親は、この頃何を考えていたのかなあ。一枚だけ自分に似てるなと思う母親の写真があって、鳥肌が立つ。実家にいた頃は、似ていないねと言われることが数少ない救いだった。

少し成長してからはおかしな髪型とくたびれた服とひきつった顔、アルバムの中にはそんなものばかりがあふれていた。実家を出てからのほうがまともな身なりと顔をしているけど、顔を撮った写真って全然ないんだよな。実家を出てからの20年、どんなふうに生きてきたのかあんまりよくわからない。そんなもの、わからなくていいような気もする。

夜になって仕事終わりの好きな人と待ち合わせて飲みに。牛タン屋。昼も夜も牛。遅い時間だったから空いていた。

f:id:smilemiles:20190324011055j:plain

手前のタン元という部位が激うまであった。この皿だけで3500円くらいもしたらしい。ひええ。

f:id:smilemiles:20190322225154j:plain

そしてタン元の寿司。これまたうまい。ほかにもおでんとかシチューとか牛タンばかり食べまくった。どれもこれもうますぎて調子に乗って食べまくってしまった。割り勘なのに一人当たりが6000円、大変だ。

その後ウイスキーの店へ。自分を今の役職に引き上げた後にすぐ辞めてったとても年下の元上司でありかつ好きな人の親友、という面倒くさい関係の人が店にいた。前々から席を設けろと言われていたらしいけど。私と好きな人の関係についてはまだ話してないとのことで、所々話をどう繕っていいのかわからなくて困った。

一緒に働いているときから、前提を知っていないと理解できない話を前提なしで話し始めてちんぷんかんぷんだったのが相変わらずだった。その前提を聞くほど相手の思考を知りたいと思わなかったんだよな。