smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

不幸は楽なんです

気温が高い朝。今年は冷夏だとか米や野菜が不作かもとかニュースでやっていて不安。夏のとうもろこしを楽天で予約しているのももしかしたら微妙かもなあ。個人的には涼しいほうが過ごしやすい。相変わらず脱水症状になりがちなので常にまぶたが重い。

仕事はテンションが低めなまま始まって、そんなに落ち込むことやトラブルなく経過した。今一緒に暮らしている相手は自分と仕事のベクトルが合致していて、憤りを感じる部分とか改善したい方向が合っていて、かつそれを変えたり意見できる権限を持っているからとてもやりやすい。それによって感覚が麻痺していた部分があったけど、会社の若い人たちとはあんまりベクトルが合ってないってことを忘れないで働かないとだめだなと思う。知らないうちに彼らを否定してないか。それから仕事のミスも多いので、ぼーっと漫然と慣れで片づけてしまわないように、初心を忘れずに働かないとと思う。

離婚して一年だからなのか何なのか、一年前の今日が離婚後になっていることでなぜか心がざわつく。罪悪感がまとわりつく。離婚した相手が頻繁に口にしたずるいという言葉だけじゃなく、過去のあらゆる人から向けられた悪意に対して、自分が存在していることへの罪悪感がからみついてくる。楽しく生きたらだめなのか、幸せになろうとしたらだめなのか。どう生きるかは私が決めたらいいことなのに、不幸でいたほうが楽かもと思うのは、勇気がないからなんだろう。私は罪深いので不幸でいるべきなのです、と開き直って生きることのいかに簡単なことか。どう生きるかの選択肢の中で、もっとも安直で容易だ。