smilemiles

札幌在住の人が書く日記です

一人で切れる

遅番の日。起きたら眠かったので二度寝。いつもの遅番のバタバタな日よりは少し余裕を持って会社に行けた。行ったら行ったで朝からトラブルがあったらしく、昨夜私が普段しない仕事をして帰ったのが、それを予見していたんじゃないかとささやかれたと聞かされた。まあそんなこともあろうな。出社直後から体中が痛くてロキソニンを絶やさず飲んでいた。

夕方偉い人たちがくだらない理由で勝手にこちらの仕事がやりにくくなることを決めて事後報告してきたことにぶち切れて騒いでいたら、途中から首をつっこんできた別の偉い人が業務命令だとか言ってきてさらにむかついた。こんなやつが上にいるからだめなんだといつも思う。こいつは私が文句を言えばすぐに一番偉い逆らえない大嫌いな人を連れてきて言いくるめようとするから本当に嫌いだ。話し合おうという姿勢が一切ないし、いつも汚物を見るような目で見てくるし。

夜になっても怒りは治まらず、同居人がご機嫌取りに飲みに誘ってきたけど断った。結局自分はこの人とこういう関係だから甘えてるんだよな。騒いでも許されると思って。嫌なことを嫌だと言っても聞いてもらえると思って。その甘えがなかったら、去年のうちに不満をため込んで辞めていたと思うからどっちがよかったのかわからない。

こういう特別な関係がなくても自分の権利を声高に主張できる人をものすごくたくさん見てきたから、言わないと損するだけなのはわかるけど、よそじゃできないだろうな。こういう甘ったれた働き方ができる職場は、人生で最後だろう。どこでも働いているだけでこうやって都度都度不満を抱えてしまうんだから、会社員っていうのが向いてないだけの話だ。